主な仕事内容

鉄骨組立

当社は鉄骨を組み立て、建物の根幹を支える仕事をしています。

組み立てた後、地図に自分の建てた物が残るのが魅力でもある仕事です。

 

鉄骨とび工事とは

 

鉄骨建方は「下まわり(地走り)」と「取付け」の2グループに分かれて作業し、「下まわり(地走り)」の主な作業とは地上にて荷を吊るための段取り、「取付け」は地上から吊ってきた鉄骨を、高所にておさめる作業が主となります。

簡単に鉄骨建方の作業手順と内容を説明すると、鉄骨建方は、資材・部材の搬入から始まり、柱を建て、梁を繋いでいきます。

命綱となる安全帯を架ける設備を整え、開口部には落下防止のための、水平ネットを張り、外周部分には、飛散防止用の垂直ネットを張ります。

そして、 仮設資材や仮ボルト、本ボルト、スラブ材となる、デッキプレートや鉄筋材、電気・設備用の機械やラーザーユニット、本設エレベータのウインチなど他業者の重量物を揚重するのも鳶の仕事となります。